海洋性のコラーゲンドリンクと動物性コラーゲンの違い

よく知るあの食べ物にもコラーゲン

皆さんはどんな食べ物を食べて、コラーゲンを摂取していますか?
そもそもコラーゲンとは体を形づくる動物性たんぱく質の一つで、主に、皮や軟骨、骨、すじに多く含まれているものです。
コラーゲンが多く含まれる食品は、先のページでもあげた軟骨や手羽先、鳥や豚の皮のほか、魚からもとることが出来ます。
ここでは魚から抽出されるフィッシュコラーゲン(海洋性マリンコラーゲン)と、動物(牛・豚・鶏)から抽出されるアニマルコラーゲン(動物性コラーゲン)の種類と違いについて解説してみます。

コラーゲン含有の多い食べ物

魚から取れる海洋性コラーゲン

魚からとれるコラーゲンは、フィッシュコラーゲンや海洋性のマリンコラーゲンと呼ばれていて、吸収率が高いのが特徴です。
コラーゲン比較では動物性のものと比べて脂肪分が多いとされており、水に溶け出しやすい傾向があります。
代表的な食品ならうなぎ、カレイ、フカヒレ、サザエ、スッポン、あんこうなどがあげられます。
低温でも吸収率が高いことから、大手健康食品メーカーや水産加工会社が注目。
コラーゲンドリンクや健康食品のサプリメントではこちらの海洋性の成分が主に使われています。

動物から摂れる動物性コラーゲン

牛や豚、鳥と言った哺乳類から抽出されるコラーゲンは、動物性コラーゲン(アニマルコラーゲン)と呼ばれています。
主に豚足や豚や牛の尻尾でダシを取ったテールスープなどが有名です。
ただし臭いがキツイものが多く、サプリメントではあまり用いられません。
高温で溶け出すことから吸収率がイマイチで、食べ方もコラーゲン鍋などに限定されます。
あと狂牛病の問題が起こってからは牛のコラーゲンはほぼ見なくなりました。
いまあるコラーゲン鍋のほとんどは、鶏皮や骨からとれるコラーゲンを利用しています。

魚系と動物性、どっちがいい?

このようにコラーゲンと一言で言っても、とれるものによって、わたちたちへの働きも、違っています。
豚や牛などの動物からとれるコラーゲンは吸収率が低く、総じてカロリーが高いのも難点・・・。
カロリーを気にする女性にとっては、いくらお肌によいとされていても、ボディがビックになるのはまた別問題ですよね。

もう一つの魚系のコラーゲンは、動物性に比べると吸収率が高いため、摂取するには最適と言えるでしょう。
私としてはカロリーを器にするなら、コラーゲンはドリンクやサプリメントでの摂取をおすすめします。