骨ではカルシウムを。関節ではグルコサミンをサポート

コラーゲンの意外な役割について

コラーゲンの働きがみられるのは、お肌ばかりではありません。
コラーゲンは、骨、軟骨、真皮、靭帯などを構成するたんぱく質の一種です。
しかも全てのたんぱく質のなかでも、コラーゲンが占める割合はなんと3割におよぶといわれています。
私たちが思っているよりも多くを占めているのです。
そのためお肌のスキンケアの観点からだけでコラーゲンを摂取する人が多いのですが、実際にはコラーゲンをとることで、体全体のメンテナンスや健康維持に大きな効果を発揮してくれるのです。

骨ではカルシウムを助けます

たとえばコラーゲンは人間の骨や関節の軟骨などの結合組織でも力を発揮してくれます。
骨は、コラーゲン線維にカルシウムが吸着して形成されており、この2つの成分が力を合わせて初めて成り立っているのです。
体が健康でコラーゲンの生産が活発なときは、カルシウムの吸着もよいのですが、古くなるとその力も弱まり、関節部分のクッション機能が衰えたり、骨をスカスカな状態へと向かわせてしまいます。
そのため骨を強くするサプリメントの中に、カルシウムと共にコラーゲンが入っていることも多いです。

軟骨ではグルコサミンをサポートしてます

軟骨組織に関してはヒアルロン酸やグルコサミン、コンドロイチンと共に、膝関節をスムーズに動かす役割を負っています。
グルコサミンやコンドロイチンは関節痛や腰痛、生活習慣病予防のために大切な成分ですが、これらのサプリメントにコラーゲンが入っていることも多いのです。
たとえば富士フイルムではその名もズバリ、「グルコサミン&コラーゲン」というサプリメントを出しています。
これはその他の軟骨成分、コンドロイチン、ヒアルロン酸も配合しており、軽快な関節の動きをサポートするために必要な全ての成分を配合して作られています。

コラーゲンは骨や臓器でも大切な役割をもっています

またコラーゲン不足は、臓器などへの悪影響ももたらします。
いつの間にか悪化してしまう胃潰瘍や12指腸潰瘍には、日々の食事などからコラーゲンを補うことが大切です。
そのほか、肉体疲労や、眼精疲労、などにも効果があるとされています。
これらの状況を見ても、肉体はコラーゲンが不足することで、老化が進行したり病気の回復が遅れたりするのが目に見えて明らかです。
サプリメントやドリンクを利用して、毎日こまめにとっていきましょう。